マイナチュレは本当に安全なのか?

どれくらい薄毛になったらミノキシジルを使うべき?

 

安全

 

薄毛治療によく使われている薬のひとつに、「ミノキシジル」というものがあります。

 

ミノキシジルは、医療機関に相談すれば適量を処方してもらえますし、薬局やドラッグストアでミノキシジルが含まれている育毛剤を手に入れることもできます。

 

薄毛に効果が高いと言われているミノキシジルは、どれぐらい薄毛の症状が進行したら使い始めると良いのでしょうか?

 

薄毛の症状は進行型なので、ほとんどの場合が放置しているとどんどん症状が悪化してしまいます。
そのため、自分が薄毛かもしれないと気付いた時点で、早めに対処していくことをおすすめします。
ミノキシジルを使って薄毛をケアしていきたいと考えている場合には、薄毛が気になり始めたら使い始めてしまって良いかもしれません。

 

ただし、ミノキシジルを使用することで、副作用が起こることもあります。
適量を守って使用していれば、副作用が起こることはあまりありませんが、人によっては副作用が起きやすい体質かもしれません。

 

ミノキシジルを使用し始めてから、かゆみ・痛み・体の怠さ・低血圧などの症状が出た場合には、一旦使用を控えたほうが良いでしょう。
副作用の可能性が高く、そのまま使い続けていると体調を崩してしまう恐れがあります。

 

 

体のためにはマイナチュレのほうがおすすめ

 

これまでに何かしらの薬を服用して副作用が出た経験がある人や、自分は体が敏感だと分かっている人は、ミノキシジルの使用を控えたほうが良いこともあります。

 

普通に服用しているだけなら、ミノキシジルで副作用が出てしまうことは稀です。

 

しかし、副作用が起こりやすい体質の人が服用したときや、妊娠中の女性が服用したときには、思わぬ副作用が起きてしまう可能性が高いです。
より安全に薄毛のケアをしていくために、「マイナチュレ」を選んだほうが良いかもしれません。

 

マイナチュレは、無添加にこだわって作られた女性用育毛剤です。
女性用育毛剤なので、男性用育毛剤よりも頭皮への刺激が少ないですし、女性が使い続けやすいように匂いも抑えられています。

 

特に注目したいのは「無添加」という点で、頭皮にダメージを与えてしまう成分は一切含まれていません。

 

アレルギーや副作用を起こしやすい体質の人はもちろん、妊娠中・授乳中の女性でも安心して使用できるようになっています。
ミノキシジルのように、妊娠中の女性に影響を与えてしまう心配がないので、さまざまなタイミングで安心して使い続けられます。

 

産後は頭皮が敏感になっていることが多いですが、マイナチュレは無添加で優しい育毛剤なので、産後の抜け毛ケアにも使用できます。

 

 

マイナチュレの安全に対する考え

 

マイナチュレは、体に負担をかけない商品を作ることにこだわっています。
化学成分が沢山入っていたり、刺激物が入っていたり、薬のように副作用が起こる心配がある商品は、安心して使い続けられません。

 

特に女性の場合には、妊娠や出産などのライフイベントがありますし、生理で頻繁にホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。
そんなデリケートな女性が使用する商品だからこそ、マイナチュレは安全と優しさにこだわっているのです。

 

マイナチュレの育毛剤には、シリコン・香料・石油系界面活性剤・パラベン・着色料・酸化防止剤・タール系色素・鉱物油・紫外線吸収剤・動物性原料・合成ポリマーなどの添加物が含まれていません。

 

女性の体はとてもデリケートなので、育毛剤を使用するタイミングによっては、添加物によって副作用を起こしてしまう可能性があります。
そこで、マイナチュレは11種類の添加物を一切配合しない育毛剤を作ることで、女性がより安全に薄毛ケアを続けていけるようにしました。

 

また、マイナチュレの育毛剤は、医薬部外品として厚生労働省の承認を取得していますし、女性用育毛剤で初めての4年連続モンドセレクション受賞を達成しました。

 

徹底した品質管理を行うなど、安全に対するこだわりがとても強い商品です。