ミノキシジルと薄毛の状態

ミノキシジルで効果が出る薄毛

 

ミノキシジルは薄毛を改善できる薬として使用されていますが、全ての薄毛に効果があるわけではありません。

 

このミノキシジルが特に効果を発揮するのは男性型脱毛症であるAGAという薄毛です。

 

AGAは数多くある薄毛のタイプの一つで男性ホルモンのテストステロンが大きく関わっている薄毛です。

 

AGA

 

AGAでも頭頂部が薄くなるタイプと額の生え際から薄くなるタイプがあり、特に頭頂部から薄くなるタイプに効果があるとされています。

 

額の生え際から薄くなるタイプに効きにくいのは他の部位に比べて血管が少なく、さらに細くて血行不良を起こしやすいからです。

 

ミノキシジルで血行を良くしても、額の生え際まで血液が行き届きにくいから効果が薄くなるのです。

 

また、長期間にわたって髪の毛が生えていない状態の毛根にはミノキシジルは効果がありません。

 

しかし、細い毛や産毛などが生えていればミノキシジルを使用して効果を得ることが可能となります。

 

それと、女性の薄毛にも多少の効果があると言われています。

 

女性用の育毛剤にミノキシジルが含まれているものもあり、濃度が濃いものはクリニックで処方してもらうことができ、濃度が薄いものはドラッグストアなどで市販されています。

 

効果が出るミノキシジルは副作用があらわれることがよくありますので、安心して使用できるマイナチュレのような育毛剤のほうが良いでしょう。

 

 

効果がない人もいる?

 

薄毛で悩んでいる人の中にはミノキシジルを使用すれば効果が得られると思う人もいるのではないでしょうか?

 

しかし、ミノキシジルを使用して薄毛改善の効果を得られない人もいます。

 

それは、生え際の頭皮が硬くなっている人です。

 

生え際の頭皮が硬くなっているとミノキシジルを使用しても浸透しにくくなり、効果が十分に発揮できなくなるからです。

 

稀に少しながら効果が出る人もいますが、他の薄毛に比べるとあまり効果は期待できません。

 

女性の脱毛症の一つであるFAGA(女性男性型脱毛症)には効果がありますが、それ以外の女性の薄毛にはあまり効果がないとされています。

 

例えば脂漏性脱毛症やびまん性脱毛症などの薄毛にはあまり効果を期待できないのです。

 

それと、用法や容量を守らいない人、使用期間が極端に短い人、ミノキシジルの濃度が低すぎる人、毛根が消滅している人、生活習慣が乱れている人、頭皮が常に不潔な人なども効果が出ないことがよくあります。

 

 

肌が弱くても使用できる?

 

アトピー

 

ミノキシジルは肌が弱い人でも使用できますが、アトピー性皮膚炎の場合は注意したほうが良いでしょう。

 

ミノキシジルは肌に刺激を与えますのでアトピー性皮膚炎が悪化する可能性もありますし、血行が良くなりますので痒みが増してしまうこともあります。

 

だから、アトピー性皮膚炎の人が使用するときは医師に相談してからのほうが安全です。

 

また、肌が弱い人でニキビのような吹き出物ができてしまうこともあります。

 

皮膚全体の細胞分裂が盛んになって皮脂が過剰分泌してしまい、その結果毛穴に皮脂が詰まって角栓ができてしまいニキビになってしまうのです。

 

特に肌が弱い人はニキビになりやすいので注意が必要です。

 

それに、ニキビの原因となるアクネ菌はミノキシジルを使用することによって繁殖しやすくなりますので気を付けておきましょう。

 

ミノキシジルは肌が弱い人でも注意しながら使用することはできますが、それでもミノキシジルを使用するのが心配な人はいるでしょう。

 

そうした人は腕や足などでパッチテストを行い、肌荒れしないのを確認してから使用すると良いでしょう。

 

もしも肌に異常があらわれた場合は使用を中止し、自分で判断せずに皮膚科に行って医師に診てもらってください。