敏感な妊娠中でも使える育毛剤はある?

妊娠中や産後にも使える市販の育毛剤はある?

 

妊娠

 

妊娠・出産を経験することで、抜け毛が増えてしまう女性は多いです。
妊娠中は、普段よりも女性ホルモンの分泌量が多くなりますが、出産を終えることでホルモンの分泌量が突然元に戻ります。

 

ホルモンの分泌量が急激に増減することで、ホルモンバランスが乱れて抜け毛の症状が出てしまうのです。
ほとんどの場合には、ホルモンバランスが落ち着くことで抜け毛も治まりますが、念のために育毛剤を使ってケアをしておくのも良いでしょう。

 

妊娠中は、お腹に赤ちゃんがいるので使用する育毛剤をきちんと選ばなければなりません。
育毛剤の中には、効果が高い分体への負担が大きいものがあったり、お腹の赤ちゃんに悪影響を与えてしまうものもあります。

 

産後に使用する場合にも、赤ちゃんに授乳している人は育毛剤の成分に気を付けなければなりません。

 

薬局やドラッグストアで市販の育毛剤を購入するときには、赤ちゃんにとって危険な成分が含まれていないかどうかをきちんと確認しましょう。

 

もしも、市販で安全な育毛剤が見つからなかったときには、インターネット通販で安全な育毛剤を探してみても良いかもしれません。
妊娠中・授乳中の女性が安全に使用できる育毛剤が販売されています。

 

 

注意すべき成分

 

では、妊娠中・授乳中はどのような成分に注意して育毛剤を選べば良いのでしょうか?

 

育毛剤には、血流を良くして頭皮に十分な栄養を運べる体をつくるために、血管を増幅させる成分などが含まれています。
血流を良くする成分や血管を増幅させる成分の中には、副作用を引き起こす恐れがあるものもあります。

 

男性ホルモンに作用する成分である「ミノキシジル」や「プロペシア」は、妊娠中・授乳中の女性にとっては危険です。
母乳や血液を通じてお腹の赤ちゃんの体内に取り入れられてしまうと、赤ちゃんのホルモンに悪影響を与える可能性があります。

 

ミノキシジルやプロペシアが含まれている育毛剤は、効果が高い「医薬品」に指定されていることが多いですが、効果が高い分危険が伴うことを覚えておきましょう。
ミノキシジルやプロペシアが含まれている育毛剤は、妊娠中・授乳中は使用しないことをおすすめします。

 

妊娠中・授乳中に育毛剤を使用したい人は、無添加のものを選びましょう。

 

危険な成分が含まれていない無添加の育毛剤なら、赤ちゃんに影響を与える心配がなく、妊娠中・授乳中でも使えることが多いです。

 

育毛剤に使用されている成分が自然派にこだわっているものであれば、さらに安心して使い続けていけますね。

 

 

産後の抜け毛は放置?それとも早めにケア?

 

妊娠・出産を経験することで、ホルモンバランスに乱れが生じてしまい、産後に抜け毛の本数が増える女性は多いです。
産後の抜け毛は、ホルモンバランスが整うことで症状も治まることが多く、ほとんどの場合には時間が経てば気にならなくなっていきます。

 

しかし、人によっては産後の抜け毛がきっかけで薄毛の症状に発展してしまうこともあるので、心配な場合には早めにケアを始めておくことをおすすめします。

 

産後の抜け毛がきっかけで薄毛になってしまう人は、出産から1年ほど経過しても抜け毛が治まらないことが多いです。
あまりにも長い間抜け毛の症状が治まらないことで、やっと自分が薄毛を発症しているのだと気づく人もいます。

 

ですが、沢山の髪の毛が抜けおちて、薄毛が酷くなってしまってからケアを始めるのは手遅れであるケースが多いです。
産後の抜け毛がきっかけで薄毛になるかもしれないと不安に感じている人は、早めのケアを心掛けていきましょう。

 

産後は頭皮が敏感になっているため、刺激が強い育毛剤を使用すると頭皮が荒れたり副作用を感じるかもしれません。
できるだけ無添加・自然派にこだわっている優しい育毛剤を選ぶことで、授乳中でも安全に抜け毛ケアを続けていけるでしょう。