実は危険!産後の止まらない抜け毛

産後の抜け毛はどれぐらい抜ける?

 

出産

 

出産を終えると、抜け毛の症状が出てしまう女性が多いです。
妊娠中は、通常よりも女性ホルモンの分泌量が増えますが、出産を終えると女性ホルモンの分泌量が突然元に戻ります。

 

女性ホルモンの分泌量が急激に増減することで、ホルモンバランスが乱れて抜け毛の症状が出てしまうのです。
では、産後の抜け毛を発症すると、どれぐらい髪の毛が抜けてしまうのでしょうか?

 

一般的に、人の髪の毛は平均で1日100本〜150本抜けると言われています。
これは、髪の毛が生え変わるサイクルによるもので、古い髪の毛が抜けて新しい髪の毛に生え変わるときに起こるものです。

 

しかし、産後の抜け毛は髪の毛が生え変わる際の抜け毛とは違い、ブラッシングや髪の毛を結ぶなどのちょっとした動作で大量に抜けてしまいます。
朝起きたときに、枕に付着している大量の髪の毛で抜け毛に気づくこともあるでしょう。

 

産後の抜け毛を発症すると、普段とは抜け毛の本数が違うことに気づけるはずなので、気になり始めたら早めにケアをしていきましょう。

 

産後の抜け毛は、ホルモンバランスが整うにつれて自然と落ち着くことが多いです。
しかし、人によっては産後の抜け毛がきっかけで薄毛になってしまうこともあるので、できればケアをしていきましょう。

 

 

危険な産後の抜け毛の量

 

産後の抜け毛は、放置していても自然に治まることが多いです。
出産を終えてしばらくは慣れない育児をしなければなりませんし、体調を改善していかなければならないので、ストレスを感じてホルモンバランスの調整が難しいかもしれません。

 

ですが、時間が経ってホルモンバランスが整い始めることで、抜け毛も自然と落ち着くことがあります。
産後の抜け毛を発症して、数か月〜半年ほどで抜け毛の量が治まり始めている場合には、そのまま抜け毛が落ち着くのを待っても良いかもしれません。

 

しかし、半年ほど経っても抜け毛が治まらない場合や、あまりにも抜け毛の本数が多いように感じる場合には、産後の抜け毛がきっかけで薄毛になっている恐れがあります。

 

産後の抜け毛を発症したら、できるだけ毎日抜け毛の量をチェックするようにしておき、抜け毛の量が増えてきているように感じたら薄毛対策を始めたほうが良いかもしれません。

 

薄毛対策をするときには、無添加・自然派にこだわって作られている安全な育毛剤を使用することをおすすめします。
産後は頭皮が敏感になっていることが多いですし、授乳中であれば赤ちゃんへの影響も気になります。
含まれている成分に気を付けながら、安全な育毛剤を選びましょう。

 

 

妊娠中からのケアが産後の抜け毛に影響する

 

産後に抜け毛を発症しそうで不安を感じている人は、妊娠中からケアを始めておくと良いかもしれません。
妊娠中から始めていたケアが、産後の抜け毛に影響することがあります。

 

産後の抜け毛を発症する理由は、ホルモンバランスの乱れや育児によるストレスです。
出産直後で頭皮が敏感になっていることも予想されるので、出産前から頭皮に優しいシャンプーに変えておいたほうが良いかもしれません。

 

頭皮への刺激が少ないシャンプーを使用することで、洗い上がりはマイルドに感じるかもしれませんが、頭皮を優しく保護していけます。

 

また、妊娠中から育毛剤を使用することで、産後も頭皮環境を健康的な状態に保てる可能性が高いです。

 

妊娠中・授乳中に育毛剤を使用すると、お腹の赤ちゃんに影響が出てしまうのではないかと心配に感じる人もいるかもしれませんが、安全で体に優しい育毛剤も販売されています。

 

頭皮が敏感な人だけでなく、妊娠中・授乳中の女性でも安心して使用できるようになっているので、妊娠中から育毛剤で頭皮のケアをしてみましょう。
頭皮が元気になることを実感できますし、産後の抜け毛を予防することにもつながります。

 

慣れない育児での疲労やストレスが抜け毛を増やすこともあるので、上手にストレス解消できるように努力してみましょう。