ホルモンバランスが乱れる産後は髪にも変化が!

産後の頭皮と髪の変化

 

産後

 

妊娠・出産を経験することで、頭皮が普段よりも敏感な状態になったり、抜け毛の本数が増える女性は多いです。
これは、ホルモンバランスの乱れによって起こるものです。

 

妊娠中は、普段よりも女性ホルモンの分泌量が大幅に増えますが、出産を終えた途端通常の分泌量に戻ります。
女性ホルモンの分泌量が急激に増減することで、ホルモンバランスが乱れて頭皮や髪の毛に影響が出てしまうのです。

 

そのため、産後は頭皮と髪の毛をきちんとケアして、健康的な状態に戻していく必要があります。

 

まず、産後に使用するシャンプーは頭皮に優しいものを選びましょう。
産後は頭皮が敏感な状態になっているため、これまでと同じシャンプーを使用すると頭皮が荒れてしまう可能性があります。

 

頭皮が荒れることで、産後の抜け毛の本数がさらに増えたり、これまでのように健康的な髪の毛が生えてこなくなってしまう恐れがあります。
シャンプーを使用していて少しでも頭皮に刺激を感じたら、無添加・自然派にこだわって作られている優しいシャンプーに変えたほうが良いかもしれません。

 

抜け毛ケアをするときにもシャンプーと同じで、できるだけ頭皮に優しい育毛剤を選ぶことをおすすめします。

 

 

産後の抜け毛は頭皮環境は関係ないのか

 

産後の抜け毛は、基本的にはホルモンバランスの乱れによって起こります。
出産を終えたことで頭皮環境があまり良くない状態になってしまう人もいますが、産後の抜け毛はホルモンバランスの乱れが原因であると考えて良いでしょう。

 

とはいえ、頭皮環境があまり良くない状態を放置していると、頭皮環境が影響して薄毛になっていってしまうこともあります。
産後の抜け毛は、ホルモンバランスが整うにつれて自然に治まることが多いですが、万が一のことを考えて頭皮環境のケアもしておいたほうが良いかもしれません。

 

出産を終えて1年経っても抜け毛が治まらず、結果的に薄毛の症状で悩んでいる女性も少なくありません。

 

産後の頭皮環境を良い状態に導いていくためには、使用しているシャンプーやリンスの見直しが大切です。
これまでは問題なく使用できていたシャンプーでも、産後の敏感な頭皮には大きな刺激になってしまっていることがあります。
シャンプーの刺激が強すぎると感じた場合には、無添加の安全なシャンプーに変えてみましょう。

 

また、慣れない子育てが始まることでストレスを感じ、頭皮環境がなかなか改善されない人もいます。
子育ての悩みをひとりで抱え込まずに、周囲の人の協力も得ていくことが大切です。

 

 

元々薄毛の人は産後の抜け毛に注意

 

まだ妊娠・出産の予定がない人でも、元々薄毛に悩んでいる場合には産後の抜け毛に注意しましょう。
薄毛になりやすいということは、頭皮環境があまり良くない状態が続いていたり、ホルモンバランスが髪の毛に影響を与えやすい傾向にあるのかもしれません。

 

そのため、妊娠・出産を経験してホルモンバランスが乱れがちになることで、他の人よりも産後の抜け毛が酷くなってしまう可能性があります。

 

また、産後の頭皮は敏感な状態になることが多く、元々薄毛の人は健康的な髪の毛が生えにくくなってしまう恐れもあります。
元々薄毛の人は、出産の予定が経ったら抜け毛対策も始めておくなど、あらかじめ対処方法を考えていく必要がありそうです。

 

頭皮環境を整え、産後の抜け毛をできるだけ減らすためには、育毛剤を使用してみると良いかもしれません。
育毛剤は男性が使用するものであるイメージが強いかもしれませんが、最近では女性用育毛剤が販売されるなど、女性でも気軽に使用できるものになっています。

 

無添加・自然派にこだわって作られている育毛剤も販売されており、妊娠中・授乳中でも安全に使用できるものがあります。
赤ちゃんの健康面についても考えながら、安心して使い続けていける育毛剤を選びましょう。