ミノキシジルの効果が出るまで

ミノキシジルで薄毛が改善する過程

 

ミノキシジルは薄毛を改善できるとして多くの人に使用されています。

 

頭皮

 

このミノキシジルは頭皮から成分を吸収することによって血流を改善し、髪を育てるための栄養を行き届きやすくします。

 

そして、毛母細胞を活発化させて毛皮を大きくし、太くて強い髪へと導いてくれるのです。

 

こうした薄毛改善の家庭があるミノキシジルですが、副作用の症状があらわれる人が多くいますので、人によっては高いリスクを伴ってしまいます。

 

特に血圧が低い人は危険な状態になることもありますので注意が必要です。

 

ミノキシジルはもともと高血圧患者の血圧を下げる薬だったからです。

 

それに、頭痛やめまいなどの副作用の症状があらわれる人もいますし、顔のむくみや動悸などの症状が出ることもあります。

 

こうしたミノキシジルを使用するときは初期脱毛という初期段階における脱毛症状があらわれます。

 

ミノキシジルを服用し始めてから明らかに抜け毛が増えていると感じる時期があります。

 

それは1か月くらい〜2か月くらいです。個人差はありますが、服用前よりも抜け毛が増えてしまう人もいます。

 

これは、ミノキシジルを服用する全ての人にあることなのであまり気にしなくても良いのですが、初期脱毛以外の副作用があらわれたときは安全性が高い育毛剤に替えたほうが良いかもしれません。

 

 

一般的に効果が出る期間

 

ミノキシジルを服用している人で効果を感じる人は多くいます。

 

では、どれくらいの期間で効果が出るのでしょうか?

 

一般的に効果が出る期間は使用を始めてから4か月後とされており、1年間にわたる臨床データの結果、80%以上の人がこれくらいの期間で効果を感じ始めるのです。

 

また、使用を始めてから9カ月後には全体の約95%が薄毛改善の効果を得ています。

 

薄毛の程度にもよりますが、軽度の場合ならもっと早く効果を感じることもありますし、逆に重度の場合なら遅く感じ始めることもあるでしょう。

 

稀に効果が出ない人もいますが、そうした人は育毛剤を替えたほうが良いでしょう。

 

それに、ミノキシジルを飲み始めた時の頭髪の状態によっては効果が出るまでに時間がかかってしまうこともあります。

 

 

効果が出たけれど副作用も・・継続するべき?

 

動悸

 

ミノキシジルは血管を拡張させて頭皮に栄養が行き届きやすくなるため、薄毛の人が使用すると効果が出ます。

 

しかし、効果を感じた多くの人は同時に副作用の症状で悩まされています。

 

また、ミノキシジルの副作用は短期間の使用でも症状があらわれることもありますので注意が必要です。

 

では、副作用の症状があらわれたときは継続するべきでしょうか?

 

答えは継続しないほうが良いということです。

 

理由はミノキシジルの副作用は心臓などの内臓への負担があるからです。

 

特に低血圧の人が使用すると血圧が下がり過ぎて命に関わることもあります。

 

ミノキシジルはもともと高血圧の治療薬だからです。

 

肝臓への負担もありますので、肝臓が弱い人は悪化させてしまう恐れがあります。

 

また、多毛症や頭痛、胸やけや動機などの副作用がありますので、継続すると体調不良になってしまう可能性があります。

 

副作用の症状があらわれたときは使用を止めた方が良いですし、急に止めると薄毛改善の効果を得られなくなってしまいますので、育毛剤のマイナチュレを併用しておいたほうが良いでしょう。

 

マイナチュレを使用してからミノキシジルの量を減らしていくのが効果的です。

 

自己判断でミノキシジルを止められない人は医師に相談するのも良いです。

 

これからミノキシジルを使用し始める人も副作用の症状があらわれたときはマイナチュレに切り替えたほうが良いので用意しておくと良いかもしれません。